キャッシング申し込みの際の本人確認と在籍確認

キャッシングに申し込む際に、まず必要となるのは本人確認ができる証明書です。第一に上げられるのが、運転免許証です。運転免許証があれば、どの消費者金融でも問題なく本人確認ができます。その他のものとして挙げられるのが、健康保険証とパスポートです。この3つのうちのどれかがあれば大丈夫ですが、国民健康保険の保険証の場合は不可という消費者金融もあるので注意が必要です。

本人確認と同じく審査で重要となるのが、職場への在籍確認です。原則、金融会社の担当者が実際に職場に電話をかけてきて、本当にその職場で働いているかを確かめます。かかってきた電話には、必ずしも本人が出る必要はありません。本人が外出中の時は、電話に出た人に「何時ごろ戻られますか?」などと質問し、この会社で働いているのは間違いない、と確認して終了となります。

在籍確認の電話では、キャッシングに申し込んだことが職場で気づかれないように、消費者金融の名前は名乗らないよう配慮をしてくれます。それでも、万一職場にばれたら困るので電話は避けたい、という人もいるかと思います。

金融会社によっては、源泉徴収票や直近の給与明細を提出することで、電話なしで在籍確認をしてくれるところもあります。本人確認に必要な書類、在籍確認の方法は金融会社によって少しずつ違うので、申込み前にしっかり確かめておきましょう。