おまとめローンは全額借り換えできないケースもある。

おまとめローンを利世する憂さ異には、金額によっては全額借り換えできないようなケースもあります。

借り換えできないというのは、あまりに全借金額が多くなっているような場合で、

相手方もまとめるにはかなりリスクがあるというようなときには、一部の債務にしか借り換えを適用しないようなこともあります。

例えば50万円くらいまでの小額だったら大丈夫ですが、100万とか200万円あたりとかになってくると

一般的にはかなり返済が厳しいので一部しかやらないようになったりすることもあります。

一部の借り換えであったとしても、返済がしやすくなるようであれば利用は出来るでしょうが

メリットがないときには、やらないということも選択肢に入れてください。

未成年でも働いていればお金を借りれるのか?

未成年ですと、基本的に消費者金融はお金を貸すことはありません。

消費者金融は親からの契約解除があると契約がチャラになってしまうので、基本的に貸しません。

これは働いていたとしても基本的に同じです。 そもそも年齢設定上最初から貸さないようになっていることからも明らかです。

ですが、会社によっては貸してくれる可能性もあります。

一つは親からの同意があることです。 親の同意があれば、契約解除の可能性はありませんので、お金を借りられます。

もう一つは結婚していることです。結婚していれば成年とみなされますから、親からの同意はもはや不要となりますので、

結婚をしていることによって単独でお金を借入できる可能性はないとは言えません。

ローンカードなしでのキャッシング

消費者金融でのキャッシングは、カードローンという名称がつかわれています。審査に通って契約をするとローンカードが発行され、このカードを使ってATMで借り入れや返済をするからです。このローンカードは自動契約機で受け取る人が多いようです。申し込んだその日のうちにカードの受け取りが可能、自宅への郵送と違って家族にばれる心配がない、という利点があります。

最近では、WEBで全ての手続きが完了し、借入金は指定の銀行口座に振り込まれる、というスピーディなサービスも多くなっています。この場合は、ローンカードなしでカードローンを利用できるわけです。希望する場合は、後日カードを受け取ることもできます。

ローンカードなしのキャッシングのメリットの一つが、借り入れを繰り返すのを防ぐことができる、という点です。手元にカードがあると、つい無計画に借り入れしてしまうこともあるかもしれませんが、そういった心配はなくなります。

カードなしでキャッシングした場合は、返済方法は銀行からの引き落としが一般的です。引き落としでの返済で注意をしたいのは、毎月一定額が引き落とされるため、多めに返済して借入期間を短縮することができない点です。追加で返済したい場合は、消費者金融への振り込みを利用することになりますが、振込手数料が発生することもあります。

ネットバンキングを利用することで手数料無料となる場合が多いので、カードなしキャッシングを考えている人は、消費者金融指定の銀行のネットバンキング登録をするとよいでしょう。

アイフルの医療ローンの概要など

アイフルでは資金使途が原則自由となっている、利便性の高い無担保型カードローンの取り扱いがあることに加えて、借りたお金の資金使途が限定されるものの、より低金利でのキャッシングが可能な目的別ローンの取り扱いも多数あります。アイフルの目的別ローンの中でも突発的な病気や怪我の際に役立つ医療ローンの詳細について紹介していきたいと思います。

アイフルの医療ローンはメディカルローンという名称で展開されており、借りたお金はローン申込者の通院費や入院費、医薬品の購入費などに利用することができます。貸付条件については、2017年10月23日時点で、実質年率が9.8%から12.0%、利用限度額が最高で100万円までとなっており、無担保型カードローン商品と比較をすると上限金利が低くなっているので、誰もが低金利でキャッシングできるようになっています。

なおメディカルローンを契約する場合には、契約の際に本人確認書類が必要になることに加えて、借入金の資金使途が分かる書類もアイフルに提出する必要があります。具体的には医療機関が発行した領収書や請求書、診断書などが必要となるので、確実に用意をしておくと、契約をスムーズに進めることができるでしょう。

カードローンの借り換えタイミングについて

複数の金融会社のカードローンを利用している場合、返済に関する手続きがわずらわしくなってきます。それぞれ返済日が違うし、返済額、利用できるATMをきちんと把握していないと、ATMの利用手数料がかかったり、最悪な場合は返済が遅れて信用を失うことにもなりかねません。

消費者金融や銀行では、そんな利用者のために「おまとめローン」というサービスも提供しています。いわゆる「借り換え」です。1社で新たに多額のローンを組み、そのお金で、他の金融機関のカードローンを綺麗に返済してしまうことで、返済先を1社に絞ることができます。

とはいえ、せっかく借り換えても、金利が高くなってしまっては、その後の返済が大変です。借り換えのタイミングは、現在利用しているカードローンよりも低い金利で借りることができる金融会社が見つかった時。金利の低い銀行のカードローンの審査に通った時が、借り換えのベスト・タイミングとなります。

もう一つのタイミングは、現在利用中の消費者金融の一つで、利用限度額が増額申込みの審査に通った時です。金利はこれまでと同じでも、返済先を1社に絞ることで、毎月の返済の手間がかなり省けます。返済日を間違えるといったトラブルも回避できます。

複数のカードローンを利用して、おまとめを考えている場合は、新たな審査に通るよう、信用度を上げることが大切になってきます。

ここからご記入ください。

消費者金融のカードローンのそれぞれの特徴

気軽に必要な時にお金を借りる事が出来るサービスはカードローンが人気を集めています。初めての利用をする人であれば不安に思い抵抗がある人も多いと思いますが、便利に利用すればとても快適に生活する事が出来ます。

よくある30日間無利息のサービスは、新規に利用する方への客引き的な存在であり、実はあまり知られていないと言えます。大手消費者のプロミスの場合には、新規だけでなく、何度でも繰り返し30日間無利息が使えるのが他との大きな違いであり、とても良心的なサービスであると言えます。

プロミスと同じ大手消費者金融で知名度もCMなどでおなじみの新生銀行カードローンレイクは、180日間無利息のサービスがあります。5万円までの借り入れ限定にはなりますが、180日間という長期にわたり無利息になるのははじめて借りる人には安心できるポイントと言えます。

新生銀行カードローンのレイクには他社と同様の30日間無利息サービスもあり、他社と同様で金額の条件はないので、どちらか自身の都合に合わせて選択する事が出来ます。大手消費者金融のカードローンは使い勝手がよく、つい金利などを考えてしまうのですが、サービスと言う面でも考えて利用を検討する事が肝要です。

カードローンで借りたお金は自由に使って構わない?

カードローンはフリーキャッシングというカテゴリの借り入れになります。これは借りたお金は自由に使って構わないという意味で、遊びに行くお金や買いたい物を買うお金、もしくは他社への返済の為に使ったとしても、何のお咎めを受けることもありません。ですが、1つだけ利用してはいけない使い道があります。それは、事業系の資金にすることです。

事業系の資金とは、個人で営んでいる事業の運転資金にすることです。いくらカードローンの使い道が自由とは言っても、それだけには利用できません。この場合は別の事業系ローンと呼ばれる契約で借りる必要があります。

カードローンを提供している消費者金融や銀行では事業系ローンも取り扱っていることが多く、事業系の資金にしたい場合にはこちらを契約しましょう。ただし、カードローンのように比較的簡単に契約ができる訳ではなく、申込み時に確かに事業を営んでいる証拠として登記事項証明書や登記簿謄本が必要になり、事業としての決算書や確定申告書も提出になります。(厳密な必要書類は利用する会社によって異なります)

この事業系ローンとして借りたお金は事業の資金として使えるだけでなく、原則的に生活費として使っても構いません。つまり、個人事業主がキャッシングを利用する際には個人としてカードローンのようなフリーキャッシングを契約するのではなく、事業系ローンを契約する方が便利です。

また、事業系ローンは総量規制の対象外という点も挙げられます。フリーキャッシングのように年収の1/3までという上限が無いので、個人事業主が事業に使うお金を借りたい時にはこの事業系ローンを利用しましょう。

中には事業系ローンでもカードローン形式で、ATMから自由に借り入れや返済が行える場合があります。この場合はカードローンと使い勝手は変わらないので、事業系ローンを利用する時にはカードローンとして使うことができるかを確認してから申込みを行うと、後々の利用がとても便利なのは言うまでもありません。

キャッシング申し込みの際の本人確認と在籍確認

キャッシングに申し込む際に、まず必要となるのは本人確認ができる証明書です。第一に上げられるのが、運転免許証です。運転免許証があれば、どの消費者金融でも問題なく本人確認ができます。その他のものとして挙げられるのが、健康保険証とパスポートです。この3つのうちのどれかがあれば大丈夫ですが、国民健康保険の保険証の場合は不可という消費者金融もあるので注意が必要です。

本人確認と同じく審査で重要となるのが、職場への在籍確認です。原則、金融会社の担当者が実際に職場に電話をかけてきて、本当にその職場で働いているかを確かめます。かかってきた電話には、必ずしも本人が出る必要はありません。本人が外出中の時は、電話に出た人に「何時ごろ戻られますか?」などと質問し、この会社で働いているのは間違いない、と確認して終了となります。

在籍確認の電話では、キャッシングに申し込んだことが職場で気づかれないように、消費者金融の名前は名乗らないよう配慮をしてくれます。それでも、万一職場にばれたら困るので電話は避けたい、という人もいるかと思います。

金融会社によっては、源泉徴収票や直近の給与明細を提出することで、電話なしで在籍確認をしてくれるところもあります。本人確認に必要な書類、在籍確認の方法は金融会社によって少しずつ違うので、申込み前にしっかり確かめておきましょう。

自動契約機を利用する時の2つのポイント

消費者金融は全国各地に自動契約機が設置されていて申し込みをするとキャッシングカードを発行してもらう事が出来ます。キャッシングカードが発行してもらえたらATMでお金を借りる事が出来ますが、実際に自動契約機で申し込みをする事が出来るのか不安に感じてしまう人も少なくないでしょう。そこで自動契約機を利用する時のポイントを確認していく事にしましょう。

・モニターの指示に従って操作する

自動契約機にはモニターが設置されていて実際に操作をする時に指示をしてくれます。それにより指示通りに操作していけばスムーズに手続きを行う事が出来ます。初めての人でもモニターの指示がある事で問題が生じてしまう事はほとんどありません。

・万が一分からなくなったらオペレーターに質問する事が出来る

モニターの指示通りに操作していれば基本的に大丈夫ですが、指示を聞きとれなかったなどで分からなくなってしまう事があります。そのような時は設置されている電話でオペレーターに質問する事が出来ます。オペレーターに質問すると分かりやすく説明してくれるので問題なく手続きを進めていく事が出来ます。

自動契約機を利用する時のポイントはこのようにあるのでしっかり押さえてから申込手続きをするようにしましょう。

消費者金融の審査について

消費者金融での審査というと本人確認書類を出し、給料明細を出し、会社に電話がかかってきて在籍確認されたりと大変な印象をお持ちかと思いますが、時代の流れとともに随分と簡素化されてきているようです。私が直近申し込んだ消費者金融の申し込み〜審査の流れをご紹介させていただきます。

私の場合は完全新規でなら申し込みでしたが、最初はwebから申し込みを行いました。特に大変な入力項目などは無く、ものの5分程度で申し込みは終了しました。

その後、20分後くらいして先方から携帯に電話がかかってきました。内容は申し込みの確認と本人確認書類の提出でした。本人確認書類は専用のwebサイトからアップロードする形式だと案内があり、サイトのURLはメールで送られて来ました。免許証を携帯カメラで撮影し、アップロードするだけなので、この作業も2、3分で完結しました。
私が申し込みしたのが日曜日だったので、結果は翌日になるとのことでした。

翌日お昼前頃に連絡があり、審査が通ったとのことで金額振込までの手続きを案内してもらいました。

在籍確認や収入証明書類などの提出は一昨無く、自己申告のみでした。もっとも私の希望額が30万円と高額でなかったからかもしれませんが、随分と消費者金融の審査も簡素化したものだなと感じました。

消費者金融のキャッシングならば申し込みから時間をかけずに借入出来る

借入可能な金融サービスは様々ありますが、今すぐに現金が必要となるような急な事態には消費者金融のキャッシングが役に立ちます。
消費者金融のキャッシングの一番の魅力は借入までの時間が短いということです。

消費者金融業者は独自の審査システムを持っているため、審査の早い業者ですと30分から40分という短時間で審査を終えることが出来ます。
そして、こうしたスピーディーな審査に加えて、消費者金融のキャッシングは申し込みにあたり身分証明書のみしか必要としません。

その他の金融サービスの中には、申し込みあたり収入証明書や住民票などを必要とするところもあります。必要書類が多ければそれだけ利用までにかかる時間が長くなってしまいます。
消費者金融のキャッシングならば免許証1枚財布に入っていればすぐに申し込むことが出来るので、突然の出費が発生しても最寄りの消費者金融業者に向かうだけですぐにお金のピンチを解消することが出来ます。

ただし、50万円を超える高額の借入を行いたい場合は、収入証明書の提出が必要となるので、大きな出費に対応する場合は事前に収入証明書を用意しておくことにしましょう。
消費者金融のキャッシングはその他の金融サービスと比べて、申し込みから短時間で借入出来ますので、急に支払えきれない出費が発生した場合には消費者金融のキャッシングで対応にあたるとよいでしょう。

キャッシング審査では必ず在籍確認される?

キャッシングの審査時に、職場に電話が掛かってくる「在籍確認」がどうしても嫌だという人もいると思います。

もちろんキャッシング業者は業者名など名乗らず、適当な個人名で友人を装って掛けてくるので、この電話で職場にキャッシングしていることがばれる可能性は低いですが、中には従業員が数人の会社で、変な電話が掛かってくればすぐに分かってしまう、というケースもあると思います。

この在籍確認の電話さえ無ければ…と思う方にお勧めなのが、WEB完結型のキャッシングです。
その名の通り、ネット上だけで全ての手続きが完了します。在籍確認は給与明細や確定申告書などの収入証明書で代用してくれるのです。

申し込み方法も簡単で、WEB完結のキャッシングを扱っている業者のホームページ上で必要事項を入力し、本人確認書類(免許証など)と上記の収入証明書の写真を撮り、画像ファイルとして送信するだけです。

収入証明書をもって在籍確認としますので、職場へ電話が掛かってくることはありません。
審査もスピーディで、平日の14時くらいまでに申し込めば、即日融資も可能です。融資も自分の指定した銀行口座への振り込みで行われますので、どこに行く必要もありません。大変便利です。

在籍確認の電話だけがネックでキャッシングが難しいと思っている人は、このWEB完結型のキャッシングを利用してみてください。

また業者により、特定の銀行にしか振り込めない等の諸条件もありますので、詳しくは各金融業者のホームページを確認してください。

無利息のキャッシングの活用方法

無利息で借りられるキャッシングは、お金を節約したいと感じる方はもちろんですが、この会社はどれくらい使いやすいか?という部分を試したい気持ちで利用している方が多いようです。

一般的なサービスでも1か月無料というようなキャンペーンをしていることが多いですから、多くのキャッシングでは最初から18%程度の金利がかかることを考えると、一度無利息のサービスを利用してみて、本番の借り入れをしたいと考えている方が多いのも事実です。

この無利息のキャッシングの利便性は、他のキャッシングサービスと全く同じ条件で借りられるということです。無利息だから何かができないというような制限はなく、金額自体は融資枠内であったり、無利息用に金額が決められることはありますが、そのほかは自由に利用することができます。

この無利息には大きく分けて2種類の利用法があります。一つは一定期間の間は常に利息が付かずに利用できるというものです。もう一方は、初回だけ無利息というものです。やはり期間が長く無利息が続く方が利用する感覚がつかみやすいので、特に初めてキャッシングを利用したいと考えている方は、一定期間が無利息になるキャッシングを使ってみると、非常に分かりやすいと思います。

自分に合ったキャッシング会社の探し方

キャッシングは使っていくほどに、その利便性が分かってきますし、利用する際のコツなども身についていきます。実際には、金利は一日に換算するとそれほど高くないことも、明細などを分析していくと分かってくるわけです。
なので、キャッシングをマスターするには、何社か並行して探すというのが重要になります。一つの会社を使い続けている人の多くは、最初になんとなく申し込んだところを使っていることが殆どです。

やはり、キャッシングの申し込みの手続きは、いろいろな書類を用意したりすることもあって、何社もできないと考えている方も多いため、どうしても最初に使った会社を使い続けることが多くなります。
しかし、最善のサービスを受けるためには、いくつかの会社を使い比べてみて、メリットとデメリットを見極めることが大切になってきます。

その方法としては、一か月ごとに使う会社を変えてみるということがあります。キャッシングの使い勝手が分かるのはやはり一か月程度はかかりますから、もし12社であれば毎月、6社であれば二か月に一度というペースで利用することで、会社の良さなどが分かってきます。

自分にとって心地よかったり、便利だなと感じる瞬間が多いキャッシング会社ほど自分自身にあっているというわけです。

消費者金融の借り方は?申し込みから即日キャッシングができる?

消費者金融のキャッシングの魅力の1つは、その融資(実際にお金を手にできる)までの早さです。

借り方は店頭窓口の場合、審査に問題がなく契約が結べれば、その場で即日融資を受けることができます。審査は早ければ、30分程度で終了します。
対面で行われるので、申し込みから融資までの早さは一番です。ですが窓口の営業日でないと契約もキャッシングもできません。原則的に平日の日中のみになります。

土・日や祝日に急にお金が必要になった場合は、無人契約機が便利です。
1年365日、いつでも契約機の営業時間中(業者によって多少前後しますが、大抵9時から21時)であれば、契約、及び即日キャッシングが可能です。
初回の審査の際に人との対面式はちょっと…と思う方にもお勧めです。審査時間も窓口とそう変わりません。やりとりはインターホーン越しに行われます。

またインターネットから申し込みができる業者では、平日の14時までに契約が完了すれば、即日融資が可能なことがほとんどです。
メールのやりとりや、身分証明書を写した写真をメールで送付するなどの手間もありますが、申し込みはキャッシング業者のサイトより24時間いつでも出来ますので、前もって申し込みをしておくことで、必要な日に間に合うように融資を受けることができます。

即日融資を希望する場合、自動契約機が一番です。夜間でない限り、いつでも契約、及びキャッシングが可能です。