ホーム
 

 

一緒に同じ場所でね

たった一人の赤ちゃんをお預かりしたことから始まった麦っ子畑保育園。当初は、自宅の一室が保育室で後は共用−。 我が家の子ども達は、夜遅い子やお泊りする子達と夕食を食べることも多かったし、出かけるときも誰かしらと一緒で、 兄弟のように育ってきました。当時の無認可園は、どこも同じような状況でした。

10年目、ふと手にした新聞のコラムで見た小児科医・真弓定夫先生の記事が、その後の麦っ子を決定づけました。 先生は「子どもは群れを成して裸足で遊ぶこと」と明快におっしゃっていました。 麦っ子の“自然流育児”ということばは、先生の著書からいただきました。 自然を先生としてものごとを考え、お散歩を中心とした保育をしていきたいと考えていた麦っ子とピッタリでしたから。 人知を超える存在に対して畏れる気持ちを持つこと、無農薬、無添加の素材の給食を提供すること、お友達を大切にすること、 …それは自然の中で生かされている私たちが命を尊ぶことに繋がります。大切な命だから、 「みんな一緒に同じ場所でね」と考えて毎日を過ごしています。

みこべ

 

 



Copyright © 1999-2006 Mugikkobatake Nursery 麦っ子畑保育園 All rights reserved.