ホーム
 

 

麦っ子の食事

麦っ子で出るごはんやおやつは、小児科医・真弓定夫先生の考え方(参考文献*1参照)を基本に、一人一人の体の成長・アレルギー・その日の体調などに合わせて出来る限り細かく対応しています。

また、無・低農薬野菜、無添加の食品・調味料を使い、旬の野菜料理を中心とした食事です。

具体的には、

1. 旬のもの、その土地でとれるものを食べる。

2. 生きているものを食べる・・生きているものとは、子孫を残せるもの、腐る事のできるもの、のことです。防腐剤だらけの食品、加工食品、添加物は×

3. 一物全体を食べる・・根菜は葉も皮もたべる。魚は頭から尾まで。

4. 化学調味料は使用しない・・塩・砂糖は無精製のものを使う。

5. 自分の力で採れるものを食べる(参考文献*2参照)・・古代、子供たちは落ちた木の実や草などを食べていた。肉などは、その獲物を倒すだけの体力があるものでなければ、食べても消化・代謝するのにかえって負担をかけマイナス。

6. 歯の割合にそって食べる・・人間の歯は5/8が臼歯(穀類をかむための歯)2/8が門歯(野菜をかむための歯)1/8が犬歯(肉・魚をかための歯)なので、食べ物のバランスもこの割合にそうと体にとって望ましい。つまり、野菜中心。

7. カルシウムの摂取を牛乳に頼らない・・日本人にはラクターゼという乳糖を分解する酵素が欠けているため(*2)牛乳は体に合わない。(欧米人にはある)カルシウムは小魚・海草・青菜・乾物などからとるのが良い。

8. 雑穀(ひえ・きび・あわ)、西表産黒米を普段の食事に取り入れる・・雑穀は日本人が昔から食べてきたもの。(白米だけになったのはごく近年のこと)たんぱく質やミネラル・ビタミンが豊富で白米よりずっと栄養価が高い。また、小麦や米と一緒に食べるとアレルギーを軽減させる作用もあるため、麦っ子ではお米の中に約6:1の割合で雑穀をまぜている。小麦アレルギーにも雑穀を混ぜて対応している。

9. 食器類はすべて手洗い、合成洗剤は使わない・・食器も陶器・洗浄後煮沸又は熱風消毒する。

参考文献1:真弓定夫著『子どもの病気は食べて治す』PHP出版

参考文献2:島田彰夫著『動物としてのヒトを見つめる』農文協出版

 



Copyright © 1999-2007 Mugikkobatake Nursery 麦っ子畑保育園 All rights reserved.